お金に困っている人の助けになりたい。クレジットカード現金化やamazonギフト券換金、お金に関する幅広い情報を掲載しています。

現金化の疑問点

クレジットカード現金化でカード利用停止にならないために気をつけたいこととは?

投稿日:

クレジットカード現金化は、現金が必要なときに、現金を作るための方法です。

しかし、クレジットカード現金化しすぎると、クレジットカードの会社から利用停止の処分を受けてしまう可能性があるのです。

クレジットカードの利用停止になってしまうと日常生活において様々な不利益があります。

そこで今回は、クレジットカード現金化によってクレジットカードの利用停止にならないために、どのようなことを気をつけなければならないのか、ということについて簡単にお話をしていきたいと思います。

基本的にクレジットカードを用いた現金化は禁止されている

クレジットカード会社によりますが、基本的にカード会社は、クレジットカード現金化を嫌がります。

しかし、現金化目的のクレカ利用かどうかの判断が難しく、グレーゾーンの判断で現金化をおこなっています。

ですから、クレジットカード現金化をしすぎると、利用回数や購入商品などからカード会社から目をつけられ、現金化している事実が分かればクレジットカードの利用停止に繋がってしまうのです。

そのようなことにならないためにも、高額なクレジットカード現金化を避けたり、頻度多くクレジットカード現金化をおこなわないようにしましょう。

クレジットカードは利用した買い物や取引が全てカード会社に知られてしまっているので、そのようなことに十分に注意をしてクレジットカードの現金化をおこなう必要があるのです。

クレジットカード支払いが返済不可になってしまう

では、なぜカード会社がクレカ現金化は嫌がるのか?

クレジットカード現金化は、やりすぎることによって、翌月が翌々月の支払いがとても多くなってしまいますよね。

その支払いが滞ったり、支払いが遅れてしまう、最悪の場合、返済できないとなると、クレジットカード会社は「この人はクレジットカードを利用することによった返済能力がない」とみなされてしまうため、結果としてクレジットカードの利用停止処分を下されてしまうことがあるのです。

現金化を考えているのであれば、返済負担にならないように計画的な利用を行うことと、自分が現段階で必要な現金化することが大事になってくるでしょう。

高額なカード払いショッピングをし過ぎない

自分でおこなうクレジットカード現金化で効率的なやり方が「高額なブランド品や貴金属をクレジットカードで購入して売却する」という方法です。

しかし、このような高額な商品をたくさん購入していると、クレジットカード会社は目をつけます。

また先ほど述べたように支払いが滞ってしまったり、急に分割払いやリボルビング払いに変更した際にはその理由を聞かれてしまうこともありますから、そのようなことが長期なると、最終的に利用停止の処分が下されたり、金融系の契約ができなくなってしまう可能性も出てきます。

クレカの利用頻度や高額商品など、基本的に目につくような買い方を避け、計画的な現金化が利用停止を防ぐことに繋がります。

カード利用停止のまとめ

クレジットカードの利用停止を避けるためには、基本的にはクレジットカード会社に目立つようなことや自分自身を主観的かつ客観的に見て「クレジットカードの利用限度や利用方法の度を超えていないか?」ということをしっかりと確認しておく必要があります。

クレジットカード現金化する事は簡単ではありますが、クレジットカードの利用停止になってしまった場合、かなりの時間をかけなければクレジットカードの利用再開ができません。

また、自分自身の金融情報や信頼を傷つけてしまうことにもなります。

クレジットカードの利用停止にならないためにも今回述べたことを念頭に置き、クレジットカードの利用をおこないましょう。

現金化 優良店 TOP

-現金化の疑問点

Copyright© 【クレジットカード現金化優良店5選嘘なし徹底比較】エニーのおすすめキャッシュライフ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.