お金に困っている人の助けになりたい。クレジットカード現金化やamazonギフト券換金、お金に関する幅広い情報を掲載しています。

現金化の疑問点

自分でおこなうブランド品の現金化が人気。でもそれって本当に効率的?

更新日:

「今月は出費が多くて、少しでもいいので現金が必要…」と思った時、クレジットカードの現金化を考える人も多くなりました。

クレジットカード現金化は、それ専門の業者がいますので、業者を利用して現金にする方法が一般的です。

しかし、業者が本当に信用ができるのか、換金率が低いなど、疑問、不満も出てきますし、悩みも多くなります。

そこで、いっそのこと、自分でブランド品を使って現金化を考える人もいます。

ここでは、業者を使わず、自分でおこなうブランド品の現金化について紹介していきますね。

ブランド品を買取方式で現金化する方法とは?

クレジットカード現金化業者を利用した場合の手順は、業者が提示した品物をクレジットカードで購入して、それを業者に転売した形にして現金を得るというシステムです。

これをそのまま、自分で、ブランド品を使っておこないます。

まず自分のクレジットカードを使ってブランド品を購入、その後、それを転売します。

中古買取ショップやリサイクルショップなどに持ち込んで、買い取ってもらうわけです。

このやり方の場合、業者に支払う手数料などありませんから、転売した金額はそのまま自分のお財布に入っていきます。

非常に簡単で、しかもすぐにお金が入るわけですね。

また、すぐにお金が必要というわけでない場合は、ネットオークションに出して売るという方法もあります。

時間はかかりますが、ブランド品の場合、オークションだと高値のつく可能性があるので、自分でおこなう現金化では最も効率的でもあるのです。

ブランド品を選ぶ際の注意点とは?

ブランド品というのは、非常に分かりやすい品物です。

そのブランド自体が、その品物の価値を語ってくれています。

なのでこういった現金化の場合、最も転売しやすい品と言っていいでしょう。

…とは言え、同じブランド品でも、高く転売できる可能性がある品物と、一般的な買取では高額がつかないブランド品があります。

これを把握しておかないと、結局、転売で手に入れるお金は少なくなってしまいます。

なのでブランド品を購入の時に、まず人気商品を抑えておきたいですね。

ブランド品と言えば時計やバッグ、アクセサリーなどが代表となります。

時計で言えばやはり、ロレックス系のものが高額取引しやすいですね。

また女性のバッグや財布の定番、ルイ・ヴィトンやエルメス、シャネルなども転売のしやすいブランドになります。

早い話、誰でも知っているような有名ブランドを選ぶのが、最も問題なく転売できるということです。

知る人ぞ知る、などというブランドは正直あまり歓迎されないと思っておいてください。

売れるブランド品とは?

当然、現金化が目的ですから、自分の好みではなく転売しやすいブランド品を選ぶことが必要です。

確実に転売できるブランドは、言うまでもなく、有名ブランドですね。

ブランド品に興味がなくても名前くらいは知っているという、そんな有名ブランドの品物なら転売しやすいことになります。

また製品でいうと、時計やバッグなどの小物は、やはり売りやすい品物になります。

特に、ブランド品で、そのイニシャルがそのまま柄になっているものとか、留め具などに利用されているものはわかりやすいこともあって人気が高いです。

つまりは買取側でもそこそこの値段をつけてくれるということになります。

売れるのですから、買取にも力が入るのですね。

アクセサリーのブランド品もまた、転売しやすく思えますが、ちょっと注意が必要です。

有名ブランドのアクセサリーで、昔からある人気のデザインのものは買取も割と簡単にしてもらえます。

しかし流行しているデザインのものだと、その流行が終わった場合、買取金額も減少することがあります。

もちろん、ブランド品でない普通の流行アクセサリーよりはずっと売りやすいですが、それでも流行遅れとして安値になることもあります。

ブランド品のアクセサリーの転売は、アクセサリーに詳しくない人の場合は注意が必要です。

ブランド品の現金化の問題点とは?

ブランド品だからきっと高く買い取ってくれるはず、そうすれは業者に支払う余計な手数料や換金率に悩むよりもずっとお得、と考えてしまいますね。

しかしこれ、実は結構甘い考え方なのです。

確かにブランド品の場合、買い取ってくれる中古品買取業者は多いです。

ですが、実を言うとこのブランド品の買取金額、その換金率はあまり高くないのが現状です。

よほどのレア品でない限り、いくらブランド品でも使用後、開封後は中古品でもあるのです。

あくまでも中古としての買取、ということですね。

また、ブランド品の買い物というのは、カード会社の目に付きやすいのです。

頻繁に、何度も何度もブランド品の買物をしていると、「現金化」を疑われることにもなります。

結果、カードの利用停止などということもありうるのです。

このリスク、自分とは無縁と思う人も少なくないでしょうが、クレジットカードで自力で現金化する、ブランド品の転売をするということは、結構身近にあるのです。

現金はそこそこ手に入ったけど、カードは利用停止になってしまえばイヤですよね。

まとめ

自力で現金化したら、業者を利用よりもお金になる、と考えてしまうのも無理もありません。

しかし、ブランド品を転売して、中古として売った場合の換金率は決して高いものではないのです。

場合によっては、売値の20%くらいでしか転売できないこともあります。

それにカードに関するリスクも加わるのですから、品物を選んだりとどうしても手間と時間が掛かってしまいます。

しかし、現金化業者を利用すると、手間と時間を大幅にカットすることができます。

換金率に関しても、自分でおこなう現金化よりも安定して現金を手に入れられます。

掛かる手間にしても現金化の速度にしてもカード停止などのリスク回避にしても、結果としては専門家、現金化業者に頼んだほうが、面倒なく、早くお金が手に入るということですね。

自力で頑張るよりも、やはり専門家の協力を仰いで、安全に急場しのぎのお金を手に入れるほうが無難なのです。

現金化 優良店 TOP

-現金化の疑問点

Copyright© 【クレジットカード現金化を損せずおこなう方法】エニーのおすすめキャッシュライフ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.